弁護士への依頼

弁護士への依頼

Q:弁護士に相続案件を依頼することを考えていますが,どの段階で相談,依頼すればよいのでしょうか?弁護士費用の負担もあるため悩んでいます。

 

A:一般的に,以下のようなケースで弁護士が必要になります。

 

  • ・相手に弁護士が就いている場合
  • ・家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てる場合
  • ・裁判所から調停の呼び出し状が届き,遺産分割調停を申し立てられた場合
  • ・遺産の額が多額であり,法律的な争点が多い場合
  • ・遺産の多寡を問わず「相続人の一部が不明」,「判断能力がない」など,遺産分割調停以外に別の手続が必要となる場合
  • ・相続人間で感情的な対立が激しく,話し合いができない場合
  • ・相続がきっかけとなり,親族間で遺産分割以外の揉め事がある場合
  • ・その他

 

受任と相談は別です。そのため相続でお悩みの場合,まずは気軽にご相談ください!