• Home
  • こんなときの相続は?

こんなときの相続は?

具体例からみる遺産相続

 

「遺産相続」と一口にいっても、様々なケースが考えられます。

今後の対策や、どのような点が重要なのか、ということを具体的な事例から見ていきましょう。

 

 「こんなときの相続はどうなるの?」というみなさんの疑問にお答えします。

 

 

遺産の大部分が不動産の場合

 

case_estate_img02

遺産が不動産とわずかの預貯金しかない場合,遺産分割で揉めることがあります。

 

>> 詳しくは「遺産の大部分が不動産の場合」へ

 

 

住宅ローンが残っている場合

 

住宅ローンが残っている場合

住宅ローンを払っている途中で不動産の所有者が死亡した場合,遺産分割協議が難航することがあります。

 

>> 詳しくは「住宅ローンが残っている場合」へ

 

 

兄弟姉妹の仲が良くない場合

 

兄弟姉妹の仲が良くない場合

兄弟姉妹の仲がよくないので遺産分割の話し合いができない場合があります。

 

>> 詳しくは「兄弟姉妹の仲が良くない場合」へ

 

 

生前贈与が問題となる場合

 

生前贈与が問題となる場合

遺産分割を巡って「生前贈与」が問題となるケースがあります。

 

>> 詳しくは「生前贈与が問題となる場合」へ

 

 

後妻、代襲相続人が相続人として関与する場合

 

後妻、代襲相続人が相続人として関与する場合

後妻と前妻の子ども達が相続人である場合,遺産分割で揉めるケースがよく見られます。

 

>> 詳しくは「後妻,代襲相続人が相続人として関与する場合」へ

 

 

相続人が多数存在する場合

 

相続人が多数存在する場合

相続人が多数存在する場合,まずは相続人の確認作業が必要です。

 

>> 詳しくは「相続人が多数存在する場合」へ

 

 

相続人が行方不明、判断能力を欠く場合

 

相続人が行方不明、判断能力を欠く場合

行方不明の相続人や判断能力を欠く相続人がいる場合はどうなるでしょうか。

 

>> 詳しくは「相続人が行方不明,判断能力を欠く場合」へ

 

 

遺産より借金の方が多い場合

 

遺産より借金の方が多い場合

被相続人の遺産は,何もプラスの財産だけではありません。マイナスの財産も遺産に該当します。

 

>> 詳しくは「遺産より借金の方が多い場合」へ

 

 

1人の被相続人が生前に財産を引き出している場合

 

1人の被相続人が生前に財産を引き出している場合

遺産分割において,被相続人が亡くなる前後に,被相続人名義の預金口座から多額の現金が引き出されていたことが判明し,揉めることがあります。

 

>> 詳しくは「遺産より借金の方が多い場合」へ