遺産の大部分が不動産の場合

適切な分割方法の検討を

 

遺産の大部分が不動産の場合

遺産が不動産とわずかの預貯金しかない場合,遺産分割で揉めることがあります。

 

不動産の遺産分割を見ていきましょう。

 

1.現物分割

 

不動産は長男,預貯金は二男が取得するという分割方法を「現物分割」といいます。しかし,本事例のように,不動産以外に不動産に見合う遺産がなければ「現物分割」はできません。

 

 

2.共有状態を維持

 

長男と二男が一つの不動産を持ち合う方法を「共有」といいます。例えば長男と二男が1/2ずつ共有持分を取得する方法です。

 

しかし,相続人同士仲が悪い場合は固定資産税の支払等,不動産の管理を巡って揉めることがあります。

 

また,遺産分割の後,不動産を単独で取得する場合,共有物分割の裁判を起こすことができますので,紛争の火種を残すことにもなりかねません。

 

 

3.代償分割

 

相続人の一人が不動産を取得し,他の相続人にお金を払って解決する方法を「代償分割」といいます。このとき不動産を取得する側が払うお金を「代償金」といいます。

 

例えば1200万円の不動産を長男が相続する場合,長男の相続分は600万円となります。長男は価値的にもらいすぎた600万円分を二男に代償金として払うことになります。

 

しかし,長男に600万円を払う能力がなければ代償分割は困難です。分割払いとする方法もありますが,支払が滞ったからといって,遺産分割協議書の内容を蒸し返すことはできません。

 

 

4.換価分割

 

遺産である不動産を相続人全員で売却して分ける方法を「換価分割」といいます。

 

例えば長男と二男が不動産を1200万円で売却し,代金から諸費用を差し引いた残額を1/2ずつ分けることになります。現在問題となっている空き屋等は,換価分割の方向で話が進みやすいといえます。

 

換価分割の場合は,売却に当たって,相続人全員の協力が得られるか見極める必要があります。弁護士が入る場合は,遺産分割協議書でその点をカバーすることが通常です。

 

 

5.ポイント

 

以上見てきたように,遺産の大部分が不動産の場合,複数の分割方法があります。

 

それぞれメリット・デメリットがありますので,相続人の希望や経済状況に応じ,適切な分割方法を検討していく必要があります。

 

しかし,遺言書 をのこしておけば,不動産の分割方法自体が争われることを防ぐことが可能となります。