遺産より借金の方が多い場合

マイナスの財産(債務)も遺産に該当します

 

遺産より借金の方が多い場合

被相続人の遺産は,何もプラスの財産だけではありません。

 

マイナスの財産も遺産に該当します。

 

 重要なこと

 

マイナスの財産(債務)で重要なのは,遺産分割をすることなく,法定相続分に応じて各相続人に割り振られるということです。

 

たとえば1000万円の債務を残して被相続人が死亡した場合,長男,二男ともに500万円ずつ債務を法律上当然に相続します。

 

これは債務者の死亡という偶然の事情によって債権者が不利益を受けないようにするためといわれています。

 

 

相続放棄の申し立て

 

遺産より借金の方が多いケースでは,相続放棄の申述を家庭裁判所に申し立てることが検討されます。

 

家庭裁判所に申し立てる必要があること及び,その申立ては,自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に行う必要があることが重要です。

 

もっとも,被相続人が死亡してからしばらくして債権者から請求を受けることがあります。この場合でも,相続放棄の申述が受理される可能性がありますので,まずは弁護士にご相談いただくことになります。

 

なお,相続放棄の申述をした場合,初めから相続人とならなかったことになりますので,当然,プラスの遺産も取得することはできません。