1人の被相続人が生前に財産を引き出している場合

引き出しまでの経緯とその後の対応

 

1人の被相続人が生前に財産を引き出している場合

遺産分割において,被相続人が亡くなる前後に,被相続人名義の預金口座から多額の現金が引き出されていたことが判明し,揉めることがあります。

 

 

どのように発覚するのか

 

まず,どのようにして多額の現金流出が発覚するかということが問題となります。

 

相続人であれば,通帳を持っていなくても,被相続人名義の預金の取引履歴を照会することができます。一定の年数分であれば,日々の取引履歴を確認できます。

 

被相続人が亡くなる前というのは,介護状態で銀行に赴けなかったり,判断能力が低下している可能性があります。したがって,「それにも関わらず多額の現金が引き出されているのはおかしい」,「被相続人の意思で引き出しが行われているわけではない」という疑念を持つことになります。

 

 

考えられるケース

 

引き出しをしたのが相続人の一人である場合,引き出しの事実について何通りかの法律構成が考えられます。

 

一つは,引き出しをした相続人が生前に被相続人から援助(贈与)を受けたというケースです。

この場合は生前贈与(特別受益)の問題となり,遺産分割協議の中で争われることになります。

 

次に,引き出しの事実を認めないケースがあります。

この場合,預金口座の取引履歴のみならず,銀行の「払戻票」などの証拠を集め,引き出した者を特定していきます。その結果,当該相続人が引き出しの事実を認めた場合でも,「被相続人のために必要な支出をしたのであり,自分がとったのではない。」という主張が考えられます。

 

この場合は,被相続人の財産を違法に引き出したか否かについて,損害賠償請求または不当利得返還請求として民事訴訟(裁判)で争われることになります。

 

違法な引き出しの有無については,遺産分割調停では扱われないことに注意が必要です。