• Home
  • 遺言書作成サポート

遺言書作成サポート

遺言書でご自分の意思を家族に伝える

 

遺言書作成

遺言として手紙をしたためれば、残されたご家族にご自分の意思を伝えることができます。

 

しかし、遺言書は法律上定められた要件を満たさなければ、無効になってしまう場合があります。そんな事態にならないよう、私たち弁護士がサポートいたします。

 

 

遺産を平等に分けるのは難しいのです。数百万円の遺産でも争いに…

 

遺産については子どもたちで平等に分けてほしいと考えていて、簡単な手紙を遺せば子どもたちが汲んでくれると思うかもしれません。

 

ですが、実際の遺産分割の場面では、遺産を平等に分けることが難しいのです。

 

ご両親の世話をした子どもからすると、何も手伝わなかった兄弟と同じ割合が「平等」とはなかなか思えません。

また、家を建てるからといった理由で生前に援助を受けた子どもがいる場合なども、援助を受けていない子からすると、援助の分を考慮しないと「平等」ではないと考えるかもしれません。

 

遺産を平等に分ける

「自分にはそれほど財産はないから遺言なんて不要」と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、例えば数百万円の遺産でも争いになるには十分な額です。

 

 

死後のことは自身では解決できない…だから、遺言書。

 

言うまでもありませんが、予想外のもめ事が起きても、亡くなった後はご自身で解決できません

そこで、やはり遺言という形であらかじめ自分の考えを遺しておくことが必要になってきます。

 

当事務所では、遺言書を作るとお決めになった方だけではなく、そもそも遺言書を作る必要があるのかどうかというところからご相談をお受けしております。

 

遺言書を作ることについて迷われている方も、まずはお気軽にご相談をお申込みください。

 

 

 

 

弁護士による遺言書サポートのメリット

 

遺言書の作成で弁護士に相談するのは、行政書士にくらべて、敷居が高いと思われるかもしれません。ですが弁護士へのご相談は、ご依頼者様にとって大きなメリットがあります。

 

それは、「争いにならないように計算した遺言書を作ることができる」こと。

弁護士は、日頃争いごとの処理が多いので、経験を積んでいるからこそ、遺言書作成に当っては争いが起こらない方向へのサポートができます。

 

また、弁護士の対応範囲は他士業と違って広いため、遺産分割協議書の作成から、相続人の間で言い分が異なるような場合に協議成立への交渉を行う、争いとなった遺産分割に関与できます。いわば相続対応の最後まで対応できるのです。

 

どうぞ安心して、私たち弁護士にお任せください。

 

 

 

ご依頼の流れ

 

ご相談

まずは事情をお聞きして、弁護士が遺言書を作る必要性がどの程度あるか、メリット、デメリット等をご説明します。

※次の段階に進むかどうかは全てご相談者様の判断次第です。弁護士が無理強いすることはありません。

矢印

方針・費用のご説明

ご依頼の前に必ず弁護士費用についてはご説明します。方針、費用については、事案等により、相談時にご提示できることもありますし、検討の上、別途お見積書をご提示することもあります。

※弁護士費用にご納得がいかなければ、無理にご依頼いただく必要はありません。

矢印

ご依頼

費用等にご納得いただき、ご依頼いただくことになりましたら、弁護士との間で委任契約書の取り交わしをします。

矢印

打ち合わせ

遺言書の作成に向けた打ち合わせを行います。財産やご家族の状況などを踏まえ、できるだけご希望に沿った遺言書を練り上げていきます。

矢印

案のご提示

遺言書の案ができましたら内容をご確認いただき、ご要望等に応じて案を適宜修正していきます。

矢印

遺言書作成

公正証書遺言を作成する場合、お近くの公証役場に行って作成することになります。

※公証役場との事前の調整が必要ですが、それはもちろん弁護士が行います。

矢印

遺言書完成

正式な遺言書の完成です。

 

 

弁護士費用

 

弁護士費用は、弁護士と協議していただき、合意の上で決めます。

一方的に、弁護士が費用を請求するわけではありませんのでご安心ください。

 

弁護士費用の目安は以下のようになっています。

定型的なもの

簡易で一般的な内容のものの場合

10万円から20万円+消費税

非定型的なもの

遺言書に記載する財産の額により変わります。

  • 財産の額が300万円以下の場合:20万円+消費税
  • 財産の額が300万円以上3,000万円以下の場合:
    財産額の1%+17万円+消費税
  • 財産の額3,000万円を超え3億円以下の場合:
    財産額0.3%+38万円+消費税
  • 財産の額が3億円を超える場合:
    財産額0.1%+98万円+消費税

特に複雑または

特殊な事情がある場合

弁護士とのご相談となります。

※公正証書遺言を作成する場合、弁護士費用とは別に公証人に支払う手数料も必要になります。